コンプライアンスの課題を小児用製剤のソリューションに変える

NCEから製品ライフサイクルの延長まで、私たちは若い患者さんに柔軟で便利な医薬品をお届けします。

アデアは、小児用医薬品の製剤に関する課題を、コンプライアンスを推進する製品ソリューションに変えてきた30年以上の経験を有しています。100人以上の科学者からなる当社のチームは、専門知識、統合されたサービス、専門的な技術プラットフォームを組み合わせ、適用が容易で患者の転帰を改善する最適化された小児用製剤を開発しています。

味覚マスキング

子供に薬を飲ませるのに、苦い薬が大きな障害になることは親なら誰でも知っています。アデアの矯味矯臭剤は、原薬の苦味を取り除き、小児患者に服用しやすくすることができます。

当社の味覚マスキング・ソリューションは、アデアの2つの特許技術から始まります:ポリマーベースのマイクロカプセル化プロセスであるMicrocaps®と、脂質ベースのマイクロスフェアプロセスであるOptimum®である。Microcaps®とOptimum®はいずれも、苦味がマスキングされた原薬となります。

この味覚マスキングされた原薬は、現在、以下のような小児にやさしい様々な剤形で利用することができる:

 

小児にやさしい製剤

大人は錠剤やカプセルを当たり前のように飲むが、小児は飲み込めないか、飲み込むのが非常に難しい。そのため、小児のコンプライアンスが低下する。

アデアは、小児における受容性と服薬アドヒアランスを高める、飲み込みやすい固形製剤を開発しています。


マイクロキャップアデアが開発した特許取得済みのマイクロカプセル化プロセスにより、柔軟性のある粉末になり、小児患者にさまざまな方法で投与することができる:口に直接投与することも、食べ物に振りかけることも、水に加えることもできる。

 

Parvulet®はアデア社が特許を持つ経口剤で、最初は錠剤や粉末の形で患者に投与される。しかし、投与時に少量の水を加えると、すぐに半固形に変化する。最終的な投与量はアップルソースのような柔らかい食感で、30秒以内に変換が完了する。

さらに良いことに、重い液剤や配合剤とは異なり、固形のパルブレの剤形は非常に小さい(大きな錠剤の大きさ)ので、親は子供の薬を簡単に持ち運ぶことができ、1分以内に簡単に飲める半固形に変えることができる。

専門家と話す

プロフィール写真スリニヴァサン・シャンムガム博士

スリニヴァサン・シャンムガム博士

Executive Director, Pharmaceutical Sciences, Business Support, and New Technologies

Dr. Srinivasan Shanmugam is involved in the development and expansion of Adare’s pharmaceutical technology portfolio and supports product development, co-development, and tech transfer opportunities. Dr. Shanmugam has a Ph.D. M.S., and a B.S. in Pharmacy. Dr. Shanmugam has more than 20 years of experience in designing and development of conventional, NDDS/alternate, advanced/modified drug delivery systems, and pharmaceutical platform technologies for oral and other routes of administration. His expertise includes enabling technologies for challenging drugs and developing platform technologies. Additionally, his expertise includes patient-centric solutions focusing on pediatric and geriatric populations to achieve dose convenience, flexibility, and precision.  Dr. Shanmugam has published numerous research articles, holds multiple patents, and is a reviewer/editorial member of various prestigious journals. Shanmugam’s recent work focuses on product development solutions for special patient populations like pediatric and geriatric populations.

連絡先

どんな質問にお答えしましょうか?