ユニサン®鼓膜内投与用

Unisun®プラットフォームは、メニエール病、突発性感音難聴、耳鳴り、自己免疫性内耳疾患など、さまざまな耳疾患の治療に使用される多くの薬剤と併用することができます。薬剤には低分子、ペプチド、モノクローナル抗体、タンパク質、高分子が含まれます。

現在の内耳疾患治療用の薬物送達システムは、内耳における薬物動態学的な薬物レベルの厳密な制御、または低コストの治療のいずれかを提供しますが、その両方を提供するものではありません。Unisun®プラットフォームは、均一な薬物担持マイクロスフェア(薬物放出の正確な制御)と高速フィルム形成剤(薬物の低コストな鼓膜内送達を可能にする)を組み合わせたものであるため、広範な臨床応用に適しています。

 

ユニサン®、Stratμm®微粒子を強化し内耳治療に活用

  • Stratμm®マイクロスフェアとフィルム形成剤の組み合わせ、またはフィルム形成剤単体の組み合わせ
  • フィルム形成剤は非刺激性水性ベースを使用
  • 皮膜形成剤は、温かい生物学的表面で素早く乾燥する。
  • 高濃度の薬剤を注入し、貯留させることができる。
  • 低分子、タンパク質、ペプチド、ワクチンに最適

 

専門家と話す

プロフィール写真ネイサン・ドーマー

ネイサン・ドーマー

医薬品開発ディレクター

Nathan Dormer, Ph.D., is the Director of Drug Product Development at Adare Pharma Solutions and is responsible for pharmaceutical development activities at Adare’s Lenexa, KS site where he supports a team of formulation scientists and analysts. He is a pharmaceutical scientist and bioengineer by training, with more than 16 years of experience developing microsphere-based solid oral and parenteral/implantable dosage forms in academic, innovator, and CDMO settings. Dr. Dormer earned his B.S. in Chemical Engineering and his Ph.D. (w/Honors) in Bioengineering from The University of Kansas while receiving NIH-sponsored Pharmaceutical Biotech Training.

連絡先

どんな質問にお答えしましょうか?