Duragran™は、生産時間とコストを節約しながら、より均一で、目標とする粒子径を正確に制御することができます。

デュラグラン 特許取得済みのこのプロセスは、粒子サイズ決定とコーティング工程を組み合わせた当社の流動床処理技術を使用することにより、高API含有の薬剤微粒子の押出成形と球形化の必要性を排除し、均一で狭い粒子サイズ範囲の放出制御型ビーズ/顆粒を作成したり、均一なサイズの糖ビーズに製品を重ねる必要性を排除している。

Duragran™は、球形化/押出装置を使用したり、均一なサイズの糖ビーズに製品を重ねたりする必要なく、均一で狭い粒径範囲の放出制御ビーズ/顆粒を作ることを可能にします。

デュラグラン™による均一性と狙い通りのサイジング

Duragran™は、標準的な湿式造粒プロセスでは達成できない所望の粒子径を目標に、プロセスパラメーターを容易に変更できることで、より均一な粒子径の顆粒を製造します。この技術は、放出制御型製剤や、味をマスキングした口腔内崩壊錠の製剤化に応用できます。

 

Duragran™は、多くの利点をもたらす:

  • 全体的な生産コスト
  • エネルギー要件
  • 品質ユニットの工程内モニタリング

専門家と話す

プロフィール写真ネイサン・ドーマー

ネイサン・ドーマー

医薬品開発ディレクター

Nathan Dormer, Ph.D., is the Director of Drug Product Development at Adare Pharma Solutions and is responsible for pharmaceutical development activities at Adare’s Lenexa, KS site where he supports a team of formulation scientists and analysts. He is a pharmaceutical scientist and bioengineer by training, with more than 16 years of experience developing microsphere-based solid oral and parenteral/implantable dosage forms in academic, innovator, and CDMO settings. Dr. Dormer earned his B.S. in Chemical Engineering and his Ph.D. (w/Honors) in Bioengineering from The University of Kansas while receiving NIH-sponsored Pharmaceutical Biotech Training.

連絡先

どんな質問にお答えしましょうか?