医薬品の徐放プロファイルと標的送達

マトリックス錠剤は機能性ポリマーでコーティングされ、続いて親水性ポリマーと疎水性ポリマーのブレンドでコーティングされる。薬物マトリックス錠剤の層状浸食と拡散により、制御可能な放出がもたらされる。カスタマイズされた徐放技術による標的薬物送達のための効果的なソリューション。1日1回投与の高用量徐放性製剤の開発を支援する。

diffutabイメージ

ゼロ・オーダー・リリースを含む、カスタマイズされたリリース・プロファイル

この技術では、マトリックス錠剤を介した拡散と錠剤の侵食を介して薬物放出を制御する親水性ポリマーのブレンドを組み込んでいる。ある層は薬物を含み、他の層は放出速度を制御するポリマーである。

主なメリット

  • マトリックス錠は、水溶性粒子と活性薬剤の組み合わせを利用する。
  • 高薬物負荷に適している
  • 徐放性で1日1回の服用をサポート

専門家と話す

プロフィール写真スリニヴァサン・シャンムガム博士

スリニヴァサン・シャンムガム博士

薬学・ビジネスサポート・新技術担当シニア・ディレクター

Dr. Srinivasan Shanmugam is involved in the development and expansion of Adare’s pharmaceutical technology portfolio and supports product development, co-development, and tech transfer opportunities. Dr. Shanmugam has a Ph.D. M.S., and a B.S. in Pharmacy. Dr. Shanmugam has more than 20 years of experience in designing and development of conventional, NDDS/alternate, advanced/modified drug delivery systems, and pharmaceutical platform technologies for oral and other routes of administration. His expertise includes enabling technologies for challenging drugs and developing platform technologies. Additionally, his expertise includes patient-centric solutions focusing on pediatric and geriatric populations to achieve dose convenience, flexibility, and precision.  Dr. Shanmugam has published numerous research articles, holds multiple patents, and is a reviewer/editorial member of various prestigious journals. Shanmugam’s recent work focuses on product development solutions for special patient populations like pediatric and geriatric populations.

連絡先

どんな質問にお答えしましょうか?