柔軟性の高いマルチデリバリープラットフォームツールにより、第1相試験後の再製剤が不要になる。

Adaptdose™は、アダレ社独自のアダプティブ製剤設計のための商業化されたアプローチであり、1つのカプセルに複数の有効成分および/または送達速度を配合する能力を提供します。Adaptdose™は用量漸増試験にも適しています。

アダレ社のAdaptdose™技術プラットフォームは、第I相試験後の再製剤化の必要性をなくし、(1)新規分子、(2)有効成分の二次および三次混合物、ゼロ次および一次薬物放出マトリックス、(3)用量範囲や適応投与量の臨床試験で使用されるスケーラブルな臨床試験材料の開発およびスケールアップにおけるいくつかの技術的ハードルを克服することができるツールを提供します。Adaptdose™技術により、当社の商業的に設計された正確で高速の装置(毎時10万個以上の充填が可能)を用いて、充填前に異なる材料を混合するステップなしに、顆粒、ビーズ/ペレット、ミニ錠剤を1つのカプセルに組み込むことができます。

Adaptdose™は、顧客がカスタム経口投与システムを迅速に作成することを可能にする、ユニークで商業的な準備が整った技術として機能します。これにより、市場投入までの時間を短縮し、臨床試験中のシステム変更の柔軟性を向上させ、製品の再製造の可能性を低減します。また、このプラットフォームは、企業が新しい固定用量配合剤を臨床研究および商業化に迅速に導入するのにも役立ちます。

 

Adaptdose™は、スケールアップ開発における多くの技術的ハードルを克服している:

  • 新分子
  • 有効成分の二次および三次混合物、ゼロ次および一次薬物放出マトリックス
  • 用量範囲や適応的投与量の臨床試験で使用されるスケーラブルな臨床試験材料

 

Adaptdose™は独自の商業化されたアプローチを提供する

アデアの適応型製剤設計は、ミニ錠剤、顆粒剤、液剤を用いて、2~3種類の有効成分または3~4種類の送達速度を1カプセルに配合する能力を提供する。

専門家と話す

プロフィール写真ネイサン・ドーマー

ネイサン・ドーマー

医薬品開発ディレクター

Nathan Dormer, Ph.D., is the Director of Drug Product Development at Adare Pharma Solutions and is responsible for pharmaceutical development activities at Adare’s Lenexa, KS site where he supports a team of formulation scientists and analysts. He is a pharmaceutical scientist and bioengineer by training, with more than 16 years of experience developing microsphere-based solid oral and parenteral/implantable dosage forms in academic, innovator, and CDMO settings. Dr. Dormer earned his B.S. in Chemical Engineering and his Ph.D. (w/Honors) in Bioengineering from The University of Kansas while receiving NIH-sponsored Pharmaceutical Biotech Training.

連絡先

どんな質問にお答えしましょうか?