Diffucaps®は放出制御技術であり、医薬品に多くの利点をもたらします。

ディフカプスは薬物送達を制御し、放出プロファイルを最適化する
  • 望ましいin vivo薬物動態プロファイルを達成するために、投与強度と溶解プロファイルを調整可能
  • カプセル、口腔内崩壊錠、急速崩壊錠、散剤として入手可能
  • 他のアデア技術と併用することで、消化管内における薬物の溶解性を高める。
  • 胃粘膜への刺激と食物への影響を軽減

放出制御ポリマーを用いた多粒子システム

  • 一つまたは複数の機能性高分子膜が薬物コアに適用され、小さな多層ビーズになる。
  • 溶解度調整技術を使用して最適なpHを作り出すことができる。
  • 有機酸層は薬物層の下に置かれ、アルカリ緩衝液は薬物層の上に置かれる
  • コーティングは、薬物の放出が完了するまで個々の層が枯渇しないようにする。

溶解性向上のための固溶体または固体分散体

当社の標準的なDiffucaps®システムの代替品である固溶体または固体分散Diffucaps®は、薬剤の非晶質形態を維持することにより溶解性を高めます。機能性ポリマーを追加することで、放出プロファイルを延長することができます。

専門家と話す

プロフィール写真スリニヴァサン・シャンムガム博士

スリニヴァサン・シャンムガム博士

Executive Director, Pharmaceutical Sciences, Business Support, and New Technologies

Dr. Srinivasan Shanmugam is involved in the development and expansion of Adare’s pharmaceutical technology portfolio and supports product development, co-development, and tech transfer opportunities. Dr. Shanmugam has a Ph.D. M.S., and a B.S. in Pharmacy. Dr. Shanmugam has more than 20 years of experience in designing and development of conventional, NDDS/alternate, advanced/modified drug delivery systems, and pharmaceutical platform technologies for oral and other routes of administration. His expertise includes enabling technologies for challenging drugs and developing platform technologies. Additionally, his expertise includes patient-centric solutions focusing on pediatric and geriatric populations to achieve dose convenience, flexibility, and precision.  Dr. Shanmugam has published numerous research articles, holds multiple patents, and is a reviewer/editorial member of various prestigious journals. Shanmugam’s recent work focuses on product development solutions for special patient populations like pediatric and geriatric populations.

連絡先

どんな質問にお答えしましょうか?