Unparalleled experience in the development of unique oral dose delivery systems

We’re experts in taste masking & customized release for oral dosage forms

  • ブランド、スペシャリティ、ジェネリック、動物用医薬品、OTCの各分野において、100社を超える製薬企業の主要パートナー。
  • Portfolio of 65+ commercial products globally across multiple therapeutic areas
  • 製品開発からGMP承認の商業生産までの専門知識
  • 4つの研究開発・製造拠点
  • 800 employees

情報源

  • バイタルスティム療法(2005年)。 嚥下障害:ファクトシート。  
  • Mennella, J. A., Spector, A. C., Reed, D. R., & Coldwell, S. E. (2013).薬のまずさ:苦味に関する基礎研究の概要。臨床治療学, 35(8), 1225-1246.
  • DeRoche, C., Macclaren, G., & Sonies, B. (2000).アメリカにおける錠剤の嚥下:成人の全国調査。Harris Interactive Survey.
  • セント・ジョンズ大学

私たちの技術は、複数の大規模な患者集団のニーズに対応しています。

嚥下障害

  • 17人に1人が一生のうちに嚥下障害を発症する
  • 脳卒中、MS、精神疾患、GERD、のどのがんなど、さまざまな疾患によって嚥下障害が生じる可能性がある。

小児科

  • 小児科では不快な味が治療完了の最大の障壁となる
  • 適切な味覚マスキングはコンプライアンスを53%~90%向上させる

老年医学

  • 老年患者の26%が錠剤やカプセルの嚥下困難を訴えた
  • コンプライアンスを向上させるためには、徐放性製剤や滴定可能な剤形が必要である。

専門家と話す

プロフィール写真スリニヴァサン・シャンムガム博士

スリニヴァサン・シャンムガム博士

薬学・ビジネスサポート・新技術担当シニア・ディレクター

Dr. Srinivasan Shanmugam is involved in the development and expansion of Adare’s pharmaceutical technology portfolio and supports product development, co-development, and tech transfer opportunities. Dr. Shanmugam has a Ph.D. M.S., and a B.S. in Pharmacy. Dr. Shanmugam has more than 20 years of experience in designing and development of conventional, NDDS/alternate, advanced/modified drug delivery systems, and pharmaceutical platform technologies for oral and other routes of administration. His expertise includes enabling technologies for challenging drugs and developing platform technologies. Additionally, his expertise includes patient-centric solutions focusing on pediatric and geriatric populations to achieve dose convenience, flexibility, and precision.  Dr. Shanmugam has published numerous research articles, holds multiple patents, and is a reviewer/editorial member of various prestigious journals. Shanmugam’s recent work focuses on product development solutions for special patient populations like pediatric and geriatric populations.

連絡先

どんな質問にお答えしましょうか?